> 合宿免許とは

合宿免許とは | 合宿免許ならローソンの運転免許

業界最大級の合宿免許提携校数で、お客様のニーズにお応えします

教習所選びをサポートします!気軽にお電話を!

「ローソンの運転免許」の合宿免許提携校数は、業界最大級の111校。全国で数ある教習所の中から、スタッフ自ら視察をし、教習、設備、環境、サービス等あらゆる視点から厳選した教習所ばかりです。

お客様によって合宿免許選びのポイントは様々。「できるだけリーズナブルに」「少し料金は高くても、宿泊施設や食事のグレードは高く」「とにかく教習に自信がないので、しっかりサポートしてほしい」等々。「ローソンの運転免許」は、そうした多種多様なお客様のニーズに対し、111校の中からベストマッチする教習所をご提案いたします。教習所選びに迷われたら、お気軽にお電話(0120-93-6351)にてご相談ください!

合宿免許なら、最短14日(普通AT車)で卒業可能です

合宿免許では、学科・技能教習等をあらかじめ効率良くカリキュラムが組まれていますので、普通AT車なら最短14日、普通MT車なら最短15日で卒業が可能です。(※)

合宿免許を卒業してご帰宅後は、お客様の住民票のある都道府県指定の運転免許センター(運転免許試験場)で適性検査、学科試験を受けて頂き(技能試験は免除)、合格すると運転免許が交付されます。

連続して休暇がとれる場合には、効率的で早い合宿免許がダンゼンおススメです。

免許取得の流れ

※最短日数は、教習所、所持免許、シーズン等によって異なります。また、カリキュラム通りに教習が進んだ場合に可能な最短日数です。

合宿免許のモデルカリキュラムを見る

合宿に必要な費用は全てコミコミ!安心・お得な料金です

合宿免許料金内容

■教習料金・・・学科教習料・技能教習料・卒検受験料を含みます。
※原付講習代を別途お支払い頂く教習所も一部あります。詳しくはお問い合わせください。
※教習料金に仮免許試験手数料1,700円/回、仮免許証交付手数料1,100円は含まれません。入校後に教習所にて別途お支払いいただきます。

■宿泊費・・・教習所によって、「校内宿舎」「専用宿舎」「提携ホテル」「提携旅館」等、宿泊施設が異なります。

■食費・・・標準で3食の費用を含みます。「自炊タイプ」「食事なしタイプ」の場合には、食費は含んでおりません。

■交通費・・・ほとんどの教習所では、往路チケット分はお客様にお立て替え頂き、卒業時に復路分を含めての精算となります。チケット支給の教習所もあります。出発地によっては、一部お客様負担が発生いたします。

※お客様の自己都合(病気・ケガ・体調不良・遅刻等を含む)で教習が遅延した場合は保証外となり、追加料金がかかりますのでご了承ください。

宿泊タイプは色々。ご予算、人数、お好みで選べます

合宿免許レギュラールーム

相部屋です。グループでのお申し込みも、お一人でのお申し込みも可能です。何といっても料金が格安!

合宿免許ツインルーム

お友達と二人でちょっと楽しく過ごしたければ「ツインルーム」をどうぞ。

合宿免許シングルルーム

一人でゆったりと過ごしたい方には「シングルルーム」をご用意しています。

合宿免許ホテルプラン プライベートを大切にしたい方には「ホテルプラン」がオススメ。

※ツインルームは、同性2名様でのお申し込みとなりますが、「カップルプラン」がある教習所では、男女でのお申し込みが可能です。

詳しくはコチラ

※写真は一例です。

合宿免許と通学の違いとは?

結論からお話しすると、合宿免許と通学の違いには以下のポイントがあります。

  • ・費用
  • ・期間
  • ・自由度
  • ・コミュニティ

一つずつご説明していきます。

■費用

免許を取得する上で、まず気になることと言えば「費用」ではないでしょうか。実は、免許取得の費用は通学よりも合宿免許の方が安い傾向にあります。それには、合宿免許と通学で「教習を進めるしくみ」が違うことが大きく関係しています。

合宿免許では、あらかじめ決められた人数がスケジュールに沿って教習を進めていきます。そのため、1回の教習で教習生の予約が殺到することはありませんので、教習所側もインストラクターを余分に配備しておかなくても良くなります。それは、結果的に人件費などのコストを削減することにつながりますので、免許取得の費用を低く設定することも可能になります。

一方、通学の場合は、教習生が自分の都合の良い時間帯を選んで教習の予約を行なうしくみとなっています。このしくみだと、教習所側は教習生のスケジュールを完全に把握することができませんので、いつ予約が殺到しても良いように常にインストラクターを多く配備しておきます。そうすると人件費がかかってしまうので、結果的に免許取得の費用を上げなければならなくなるのです。

なお、他にも「期間」や「立地」も合宿免許と通学の費用が違う理由として挙げられますので、あわせて認識しておくと良いでしょう。

■期間

合宿免許と通学では、免許を取得するまでの「期間」にも違いがあります。上でもご紹介していますが、一般的に合宿免許では、最短で普通車ATは14日、普通車MTは15日で卒業することが可能です(※)。その理由は、合宿免許では1日に教習をまとめて受講することができるからです。また、教習所も最短で卒業できるようにスケジュールを組んでくれことも、この期間で免許を取得することができる理由として挙げられます。

一方、通学の場合は、合宿免許よりも免許の取得にかかる期間が長くなる傾向にあります。その理由としては「思うように教習の予約が取れないこと」が挙げられます。さきほどもお話ししましたが、通学の場合は教習生が自分の都合に合わせて教習の予約を行なっていきます。そうすると、時間帯によっては予約が殺到してしまい、自分のスケジュールをうまく組むことができなくなるのです。

ただ、通学でも合宿免許と同じ期間で卒業することは可能です。ただ、そのためには合宿免許と同じスケジュールで教習を進めていかなければなりませんので、毎日教習所に通えるように予定を調整する必要があります。

※最短日数は、教習所、所持免許、シーズン等によって異なります。また、カリキュラム通りに教習が進んだ場合に可能な最短日数です。

■自由度

合宿免許と通学の違いには、教習期間中の「自由度」も挙げられます。合宿免許では、教習の合間や教習終了後のフリータイムが自分の時間になります。一方、通学では自分の時間を優先しながら教習を進めていくことができます。そのため、遊びやバイトなどプライベートも大切にしながら免許の取得を目指していくことが可能です。

■コミュニティ

合宿免許と通学では「コミュニティ」の面でも違いがあります。合宿免許では、さまざまな地域から多くの人が参加します。そのメンバーたちと同じ目的を持って教習期間を過ごすことになりますので、自然と仲良くなれてコミュニティの幅を広げていくことができます。

一方、通学の場合でも新しい出会いはありますが、合宿免許のように集団で行動すること多くないので、仲良くなるきっかけも少なく、コミュニティを広げるのにはハードルが高い傾向にあります。どちらかというと、自分のペースで免許の取得を目指したい方にピッタリな方法になります。

合宿免許と通学には、主に以上のような違いがあります。これから免許を取得する方は、ぜひ、参考にしてくださいね!

どんな人が合宿免許に向いている?

合宿免許と通学の違いを認識したところで「合宿免許はどんな人におススメなの?」と疑問をお持ちになる方もいらっしゃると思います。ここでは、主なケースをご紹介したいと思います。

・来年から就職予定だけど遊ぶ時間が欲しいから早く免許を取得したい

この場合、多くの方が「通学の方がいいのでは?」と考えるかもしれませんが、早期に免許を取得したいのなら、やはり合宿免許がおススメです。合宿免許の期間はせいぜい2週間程度です。この期間だけ我慢すれば、残りの期間をプライベートの時間に使うことができます。通学ですと、長期にわたってスケジュールを組んで通わなければなりませんので、友達との予定を合わせにくいということも考えられます。

・友達と一緒に免許の取得を目指したい

この場合はダンゼン合宿免許がおススメです。友達と一緒に通学で免許を取得しようとすると、教習の予約を入れる際にも友達の予定を考慮しなければならなくなります。そうすると、教習を進めていくのに時間がかかりますし、結局バラバラで教習を受けることにもなるかもしれません。しかし、合宿免許はそもそも一定の期間で免許の取得を目指す方法になりますし、教習スケジュールはあらかじめ教習所で決められているため、友達の予定を考慮する必要がありません。

以上が通学よりも合宿免許がおススメのケースになります。ただ、他にも合宿免許がピッタリなケースがあると思いますので、合宿免許か通学かでお悩みの方は、ぜひ、お気軽に「ローソンの合宿免許」にお問い合わせください。

ローソンの運転免許なら最低価格保証

お気に入りボックスに追加

教習プランをお気に入りボックスに登録できて予約もカンタン!検索結果や各教習所ページの『入校日カレンダー』から入校日を選んで登録してね! お気に入りボックスの使い方

普通車の教習所選び

その他・免許を取ろう!

ご利用ナビ!

運転免許取得後のお役立ち情報 ラクラク運転免許ローン