>  > 普通AT車限定の免許をMT車も乗れるように限定解除したい!

05普通AT車限定の免許をMT車も乗れるように限定解除したい!

AT限定免許を持っている方で、「仕事などでMT車に乗らなきゃいけなくなった…」「やっぱりシフト操作の楽しさを味わってみたい…」という方、結構多いのではないでしょうか?
AT限定免許所持の方がMT車を運転したい場合は、「限定解除審査」というものを受ける必要があります。ここでは、その「限定解除審査」についての情報をまとめてみました!

普通AT車限定の免許をMT車も乗れるように限定解除したい!イメージ

まずは、AT車とMT車の違いについて簡単に紹介したいと思います。
現在道路で目にする自動車のほとんどは、AT車です。AT車とは「オートマチックトランスミッション車」の略で、自動で変速操作が行える自動車のことを指します。アクセルを踏むだけで、何の操作をすることもなく加速・減速を行うことができます。
一方、MT車とは「マニュアルトランスミッション車」の略で、手動で変速操作を行う自動車のことを指します。AT車とは違い、運転手が自らギアやクラッチで変速操作を行う必要があります。トラックやバス、スポーツカーなどにはMT車がよく見られますね。

さて、いよいよ限定解除審査の解説に入りますが、この審査を受ける方法としては、2通りが用意されています。
まず1つめは、教習所で講習(最低4時間)を受けた後に、限定解除の審査を受ける方法です。そしてもう1つは、運転免許試験場で直接審査を受ける方法です。
どちらの方法にしても、審査を通った後に運転免許試験場・運転免許センターで申請・書面審査を経ます。そして無事手続きが完了すると、免許証の裏に「AT限定解除」という印字がされるのです。
以下に、これら2つの方法の主な違いについて、簡単な表にまとめてみました。

  教習所 運転免許試験場(直接)
費用 5〜6万円 3千円〜
期間 3〜5日 最短1日
難易度 普通 難しい

※教習所でかかる費用や期間は一律ではないので、教習所に直接問い合わせをしてみましょう。

ちなみに、一般的なのは教習所に通う方法です。
教習所では、AT車とMT車の違いである変速操作をマスターするため、以下に挙げるような教習を受けることになるでしょう。

●坂道発進  ●踏切における停車・発進  ●縦列駐車  ●S字、クランク走行 等

運転免許試験場で直接審査を受ける場合は、講習や実技練習などはなく いきなり技能試験を受けることになるので、とくに運転に自信がない方などは教習所の方をおすすめします。

費用的にも期間的にも意外と手軽に受けられるものなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

文:油井 恵里香

ローソンの運転免許なら最低価格保証

お気に入りボックスに追加

教習プランをお気に入りボックスに登録できて予約もカンタン!検索結果や各教習所ページの『入校日カレンダー』から入校日を選んで登録してね! お気に入りボックスの使い方

普通車の教習所選び

その他・免許を取ろう!

ご利用ナビ!

運転免許取得後のお役立ち情報 ラクラク運転免許ローン