>  > オートキャンプ場と普通のキャンプ場の違いって?

08オートキャンプ場と普通のキャンプ場の違いって?

最近よく聞くようになった「オートキャンプ」という言葉。
普通のキャンプとどのような違いがあり、どちらを選ぶのがよいのでしょう?
ここでは、オートキャンプ場と普通のキャンプ場の違いに着目しながら、それぞれの特徴についてまとめてみました。

オートキャンプ場と普通のキャンプ場の違いって?イメージ

オートキャンプ場オートキャンプ場の一番の特徴は、サイト(区画)がはっきりと決められていること。サイト内にキャンピングカーや乗用車を置くことができ、同じサイト内の芝生スペースにテントやタープを立ててキャンプができるのです。テントの近くに車を停められるので、普通のキャンプ場のように離れた場所まで荷物を運ぶ必要がありません。
また、最近のオートキャンプ場は施設が充実しており、シャワールームや水洗トイレ、さらにはサウナや露天風呂、温泉まで付いているところも。サイト内にAC電源の設備や流し台、水道などを備えているところではその場でクッキングもできます。自宅のキッチンでするクッキングを、そのまま野外で楽しめるような感覚ですね。なかには、オートキャンプ場内に釣り堀やサイクリングコース、遊具施設、各種体験教室などが用意されていて場内で1日中楽しく遊べるところもあります。
サイト料金は普通のキャンプ場に比べて高くなりますが、初心者の方や小さな子ども連れの家族など、キャンプにも機能性を求める方であれば充実した設備のオートキャンプ場がおすすめです。

キャンプ場普通のキャンプ場ではフリーサイトが一般的。オートキャンプ場のようにサイトが区画整理されているわけではなく、エリア内のテントスペースに自由にテントを張ってキャンプを行います。オートキャンプ場との一番の違いは、やはりサイト内に車を停められない点。車は駐車場に停め、キャンプに使う荷物はテントまで運びます。また、サイト内に水道設備やAC電源などは備えていないのが普通なので、他のキャンプグループと共同で流し台などを使用します。
近年は、水洗トイレやシャワールームを備えていたり車を停められるフリーサイトを設けているようなキャンプ場も出てきましたが、まだまだそうでないキャンプ場が多くあります。本来日本のキャンプ場は、登山の愛好家などが宿泊のためのテントを張るスペースとして発展した経緯があり、キャンプ場で楽しく遊ぶというよりは 登山や散策のためのベースになる場所だったのです。
“自然の中で過ごす”という、キャンプ本来の醍醐味を求めるのであれば、従来のキャンプ場は魅力的かもしれませんね。

文:油井 恵里香

ローソンの運転免許なら最低価格保証

お気に入りボックスに追加

教習プランをお気に入りボックスに登録できて予約もカンタン!検索結果や各教習所ページの『入校日カレンダー』から入校日を選んで登録してね! お気に入りボックスの使い方

普通車の教習所選び

その他・免許を取ろう!

ご利用ナビ!

運転免許取得後のお役立ち情報 ラクラク運転免許ローン