>  > 免許証の写真を上手く撮るコツ

20免許証の写真を上手く撮るコツ

運転免許証の顔写真がイマイチ…と感じている方、結構多いですよね。なぜでしょうか、ちょっと不機嫌そうな表情で撮られてしまうケースが多いようです。 そこで、ここでは免許証の写真写りが良くなる方法をいくつか紹介したいと思います!

免許証の写真を上手く撮るコツイメージ
  • 顔に光を当てることで明るい印象になります。もちろんレフ板を持ち込むわけにはいかないので、白い服を着る、白いハンカチを膝の上に置くなどしてレフ版の代わりにしましょう!黒などのダークトーンの服は、背景が青色の運転免許証写真の場合 顔色が沈んで見えてしまうので注意です。
  • 首回りの詰まったトップスよりも、首のラインが出るトップスを選んだ方がすっきりとした印象に見せられます。なかでもVネックは顔をシャープに見せてくれるのでおすすめです。また、男性はスーツを着て撮影することも多いと思いますが、その場合、ネクタイを締めた方がシャープな雰囲気になります。
  • これは基本ですが、背筋をピンと真っ直ぐに。そして顎を少し引くとよいでしょう。引き過ぎて二重顎にならないよう気を付けてくださいね。
  • レンズは凝視しない方が良いです。レンズの向こう側にある何か…を見るような感覚で、少しだけ上の方を見るのがおすすめ。携帯電話のカメラなどで目線を外して撮ってみてください。印象が変わるのが分かりますよ。
  • 撮られる時の表情は何より大切です。事前に口角をグッと上げて何秒かそのままの表情をキープし、そこから少し落ち着けて改めて笑顔をつくると自然な表情になります。日頃から練習しておくとよいかもしれませんね。また、撮られる瞬間に鼻で息を吸い込むと、自然に目が開いて明るい表情になりますよ。
  • 髪の毛はできるだけ顔にかからないようにしましょう。すっきりとまとめてしまうのが良いですね。また、しっかりと色味の出るコスメを使うのもおすすめ。チークは普段より濃いめに、リップも普段より鮮やかめのカラーに。その方が、明るく自然な印象の写真になります。
  • 撮られる前に、自分のリズムをつくることも大切。まず自分の順番が回ってきたら、俯き加減でイスに座りましょう。しっかりと自分の中で準備ができるまで、撮影チャンスを与えないことです。不意打ちで撮られて失敗したケースが多いようですので…。

さて、いかがでしょうか?どれも簡単にできる方法ばかりなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!ちなみに、免許証を更新する際、顔写真は持ち込むことも可能です。撮影料金は別途でかかってしまいますが、バッチリ撮りたい方にはおすすめです。

文:油井 恵里香

ローソンの運転免許なら最低価格保証

お気に入りボックスに追加

教習プランをお気に入りボックスに登録できて予約もカンタン!検索結果や各教習所ページの『入校日カレンダー』から入校日を選んで登録してね! お気に入りボックスの使い方

普通車の教習所選び

その他・免許を取ろう!

ご利用ナビ!

運転免許取得後のお役立ち情報 ラクラク運転免許ローン