>  > 介護に便利な福祉車両

22介護に便利な福祉車両

福祉施設や病院の送迎車として見かけることの多い福祉車両ですが、一般の方でも自家用車として購入ができるってご存知でしたか?自宅介護をしている方や、車椅子を使用している家族がいるご家庭にとって、病院の送り迎えをはじめとした車でのお出かけは結構大変。そのサポートとして、福祉車両を利用するという方も増えてきているのです。車椅子を使う方にはもちろん、足や腰が悪くて車の乗り降りがちょっとキツい…といった方にもうれしい仕様が多くあります。
ここでは、そんな福祉車両についてくわしく紹介。一体どんな車があるのか、よく見る福祉車両のタイプを挙げてみました。

介護に便利な福祉車両イメージ

車いす仕様車 日常的に車椅子での生活を余儀なくされている場合におすすめなのが、車椅子に乗ったままの状態で車内へ乗り込むことができる「車いす仕様車」です。車椅子の車輪を床面に固定させることができ、シートベルトも装着することができます。車いす仕様車には、電動リフトを使ったタイプとスロープを使ったタイプがあります。また、2列目シートや3列目シートを折り畳んで使うタイプと、最初からシートが取り外されているタイプがあるので、普段の使い方やライフスタイルを考慮して選ぶようにしましょう。

シート系の福祉車両 助手席や2列目シートが回転したり、回転・昇降することによって乗り降りしやすくなっている、シート系福祉車両もあります。足腰が悪いなど、片足を上げて車内に乗り込むという事が負担になってしまう方にとって、両足が地面についたままお尻からシートに座れるシート系福祉車両はとても快適です。シートが車外に出てきてくれたら、介助する側の負担もかなり軽減されるでしょう。
シート系福祉車両のシートには他の席と同様にクッションがあり、しっかりと固定もされているので乗り心地も良いのです。

さて、いかがでしたでしょうか?
各自動車メーカーの努力によって、優れた機能性を持った福祉車両が次々と登場しています。気になった方は、ぜひ自動車メーカーのホームページなどをチェックしてみましょう。
福祉車両の種類や仕様にもよりますが、消費税が非課税になったり、さまざまな税金の減免、また地方自治体によっては購入資金の助成などを実施しているところもあるようです。
ちなみに、福祉車両のレンタカーサービスもあるので、「購入するまでの必要性は…」と考える方にはそちらもおすすめです!

文:油井 恵里香

ローソンの運転免許なら最低価格保証

お気に入りボックスに追加

教習プランをお気に入りボックスに登録できて予約もカンタン!検索結果や各教習所ページの『入校日カレンダー』から入校日を選んで登録してね! お気に入りボックスの使い方

普通車の教習所選び

その他・免許を取ろう!

ご利用ナビ!

運転免許取得後のお役立ち情報 ラクラク運転免許ローン