>  > 好感度アップ!助手席テク5選

35好感度アップ!助手席テク5選

家族や仲間と楽しいドライブ。助手席に座ったとき、どんな風に過ごしていますか?運転はドライバーに任せて助手席でのんびり…なんて過ごし方をしていないでしょうか?助手席に座ったらぜひドライバーを上手にアシストして、みんなが楽しいドライブにしましょう!好感度もグッと上がるはずです。
ここでは、気の利いたアシストで“助手席美人”になるための5つのポイントをご紹介します。

好感度アップ!助手席テク5選イメージ

ドライバーをさり気なくアシスト。目指せ!助手席美人

  • 小銭の用意
    高速道路を利用するときやコインパーキングに車を停めるときなど、ドライブ中、小銭が必要になるシーンはよくありますね。そんなとき、助手席に座っている人がサッと小銭を用意してくれるとドライバーは助かるもの。狭い運転席で集中して運転しているなか、財布から小銭を出すという作業は意外と大変なのです。あらかじめ用意しておき、必要なタイミングでパッと手渡してあげるとスマートです
  • 死角のチェック
    高速道路の合流地点や交差点など、左右をよく確認しなければならない場面は多くありますね。とくに車や人が多く行き交う交差点での右折・左折は、ハンドルの逆側が死角になりがちです。そんな時は、助手席からもしっかりサポートをしてあげましょう。ドライバーも安心するはずです。
  • カーナビの操作
    運転しながらのカーナビ操作はもちろん、カーナビの画面案内を見て道を確認しながら運転するのも結構大変。助手席に座っている人がルートを把握してくれたり道をナビしてくれると、ドライバーは安心して運転に集中できます。間違っても「ルート違うよ!何やってるの!」なんて責めるのはやめましょう。
  • 食べるのをお手伝い
    ドライブ中にお弁当やお菓子などを食べることもあると思います。そんなとき、運転中のドライバーは手を離せないうえに視線もズラセないため、自分で食べるのはなかなか困難。ぜひ助手席のあなたがお手伝いしてあげましょう。袋を開けたり、包み紙を取ってあげるだけでも助かるはずです。ペットボトルはキャップを外してから渡すとよいですね。このようなさり気ない心遣いが助手席美人になるコツです。
  • 肩や手のマッサージ
    長く運転をしていると肩や首が凝ってきます。目的地に着いたときには、ドライバーだけがクタクタ…なんてことも。助手席に座ったら、ぜひドライバーの肩や首をマッサージしてあげましょう。運転は手の平や腕も疲れるので、手のマッサージをしてあげるのもおすすめです。また、ドライバーの体調をこまめに気遣ってあげることも大切。疲れていても、本人は「大丈夫」「あと少しだから」と無理をしがちです。隣で見ていて疲れているなと感じたら、早めに休憩を提案しましょう。

文:油井 恵里香

ローソンの運転免許なら最低価格保証

お気に入りボックスに追加

教習プランをお気に入りボックスに登録できて予約もカンタン!検索結果や各教習所ページの『入校日カレンダー』から入校日を選んで登録してね! お気に入りボックスの使い方

普通車の教習所選び

その他・免許を取ろう!

ご利用ナビ!

運転免許取得後のお役立ち情報 ラクラク運転免許ローン