>  > 車に酔わない・酔わせないコツ

36車に酔わない・酔わせないコツ

楽しいドライブを台無しにしてしまうのが、車酔い。症状は人によって差がありますが、ひどい人は吐き気や頭痛で車に乗っていられなくなることも。
でもこの車酔い、ちょっとしたコツを覚えておくだけで、軽減することができるんです。ここでは、運転者・同乗者のそれぞれが実践できる車酔いの予防策をご紹介します!

車に酔わない・酔わせないコツイメージ

運転者が実践できる車酔い予防策

  • 車内の空気がフレッシュだと、車酔いもしにくくなります。ドライブの前には、ドアや窓を開けて新鮮な空気を取り込みましょう。ドライブ中にも定期的に空気の入れ替えをすると効果的です。また、エアコンはなるべく外気導入にするとよいでしょう。ただ、排気ガスが多い場所では逆効果なので気を付けてくださいね。
  • 荒い運転は、車酔いのもとです。ペダルもハンドルもゆっくりと操作するようにし、スムーズな運転を心掛けましょう。車に酔いやすい人が同乗者にいる場合は、とくに滑らかな運転を心掛けたいですね。
  • 車間距離をしっかりあけることも大切です。前の車との距離が近いと、前の車の動きやスピードに合わせて運転を調整しなければならず、ペースが安定しないからです。ゆったりとペースを変えずに走行できるよう、車間距離はしっかり確保しましょう。

同乗者が実践できる車酔い予防策

  • 車酔いがツライのは、ドライバーではなく主に同乗者です。なぜなら、ドライバーは車がどのような動きをするのか把握できるから。逆に運転をしていない同乗者は車の動きを予測しづらく、そのことが車酔いの原因になるのです。対策としては、まずしっかりとシートに座り、外の風景を見るようにしましょう。車が今どのような道を走り、この後どのような動きをするのかを意識しながら乗ると、車酔いもしにくくなります。
  • 外の景色を見るときにもコツがあります。それは、遠くの景色を見ること。近いところを見ていると、目に映る風景の変化が早く、三半規管の乱れにつながるのです。雲や山、遠くの町など、なるべく距離の離れたところを眺めるようにしましょう。
  • カーブが続く場所は注意が必要です。車がどちらの方向に曲がるのかをチェックしながら、遠心力に逆らうように常時体制を真っ直ぐにキープしましょう。そうすることで酔いを防止できます。また、シートにしっかり腰掛けることも大切です。
  • 酔いやすい人は、酔い止め薬を持っておくと安心です。ドラッグストアで売っている市販薬で十分。体質やその日の体調に合わせて、事前に飲んでおくか 様子をみて車中で飲みましょう。

いかがでしたでしょうか?
誰でもできる簡単なコツばかりなので、ぜひ実践して楽しいドライブにしましょう!

文:油井 恵里香

ローソンの運転免許なら最低価格保証

お気に入りボックスに追加

教習プランをお気に入りボックスに登録できて予約もカンタン!検索結果や各教習所ページの『入校日カレンダー』から入校日を選んで登録してね! お気に入りボックスの使い方

普通車の教習所選び

その他・免許を取ろう!

ご利用ナビ!

運転免許取得後のお役立ち情報 ラクラク運転免許ローン