>  > 茨城県の合宿免許教習所

茨城県の合宿免許教習所 | 合宿免許ならローソンの運転免許

豊かな自然と工芸品

茨城県は関東の北東部、東北地方と隣接する県です。人口は290万あまり。全国で11番目に人口が多い県です。県庁所在地の水戸市でも27万人。「中心がない県」ともいわれています。
笠間市は中部の市。日本三大稲荷の一つ、笠間稲荷神社で知られます。また陶器の「笠間焼」は、シンプルなデザインが人気です。
常陸大宮市は北西部の市。那珂川、久慈川と二つの清流が流れ、あゆの里として知られます。また、甲神社の祇園祭は「関東の三大裸祭」の一つとされています。
古河(こが)市は西部の市。上野まで1時間で行けることから東京のベッドタウンとして開発が進みました。市内には利根川が流れ、豊かな自然に恵まれています。フナの甘露煮が名産です。

茨城県の合宿免許は、どの県からの入校者が多いか!ランキング

(2010〜2014年当社実績)

  1. 茨城県
    (一部ご入校いただけない地域があります)
  2. 千葉県
  3. 東京都
  4. 神奈川県
  5. 埼玉県

関東エリアの合宿免許を見る

※各教習所の料金は年間の最安値~最高値を表示しております。

友部自動車学校(茨城県笠間市)

普通車AT税込:232,200円367,200円

税抜:215,000円340,000円

上野駅から電車で約2時間の絶好アクセス。長い直線を誇る広い教習コースで、ノビノビと運転技術が学べます。宿泊施設は教習所に隣接していて、空き時間もすぐにお部屋に戻れます。周辺には大型ショッピングセンターもあり、とても便利な環境です。

友部自動車学校イメージ

大宮自動車教習所(茨城県常陸大宮市)

普通車AT税込:221,400円378,000円

税抜:205,000円350,000円

教習所と校内宿舎の近隣には、大型ショッピングセンターやアミューズメント施設、ネットカフェ等があり、教習の空き時間も退屈しらずの環境です。また、近隣の温泉入浴無料券プレゼントの特典付き!常陸大宮ならではの自然や温泉も楽しめる合宿免許です。

大宮自動車教習所イメージ

茨城県ってどんなところ?

茨城県は関東地域の北東部に位置する県で、約290万の人口を有しています。北部には八溝山地と阿武隈山地があり、南側に向かって標高が下がる地形が特徴です。東側では太平洋に面していることもあって、漁業も昔から盛んに行われてきました。

広大な海岸がある一方で、南端部では大河の利根川が流れ、周辺は広大な関東平野と霞ヶ浦が隣接しています。霞ヶ浦でも漁業が盛んなことから、茨城県では海の魚介類だけでなく、川の幸である鮎やウナギも名産として人気を集めてきました。

首都圏の一翼を担っていることから、茨城県は交通網も充実している地域です。鉄道の常磐線をはじめとして、高速道路の常磐自動車道も整備されて、東京へのアクセス環境が充実しています。

八溝山地の南端部で孤立する筑波山は、茨城県の山の観光地として人気です。富士山と比較されるほどに美しい山容は、かつては浮世絵の題材になることもありました。筑波山ではミカン狩りや登山が人気で、年間を通じて人気が衰えない観光地です。

茨城県の北部にある袋田の滝は圧巻の大迫力が特徴で、日本三大名瀑の一つに数えられています。県都の水戸市には、水戸徳川家に由来する観光地が多く、その中でも偕楽園が梅の名所として人気を集めてきました。

南西部にある古河市は、関東では鎌倉や足利などと並ぶ古都で、かつては古河公方の本拠地になっていました。牛久市にある牛久大仏も観光地の一つで、ギネス認定の大きさと圧倒的な迫力で人気を集めています。

茨城県の名産品の中で、全国的な知名度が高いものですとやはり納豆が挙げられるでしょう。水戸で生産されるものは特に有名で、全国に出荷されて評判となっています。秋に収穫するサツマイモは、蒸してから乾燥させると、干し芋という保存食になります。干し芋の生産量は茨城県が日本一で、こちらも全国に出荷されています。

伝統工芸品では、笠間市で産出される笠間焼が代表的です。原料になる土には、筑波山周辺の花崗岩が使われるのが特徴です。粉末のコンニャクは茨城県で発祥したこともあり、全国でも有数の産地ですが、寒さの中で作る凍みこんにゃくも有名です。フルーツ類も全国有数の生産量を誇り、広大な関東平野で生産されるメロンとスイカは特に有名な特産品です。

茨城県の県民性は、水戸市の周辺では3つの気質で表現されています。「少し感情的」で、「理屈で考えることが多く」ても、「骨太の思想を持っている」という気質です。

「理屈っぽい」と表現されるのは、徳川光圀の影響もあると言われています。この地域では朱子学が好まれ、廃藩置県の後には理屈を重視する論争を好む県民性が生まれたと考える場合もあります。

北部と南部で考える場合にも、県民性には違いが生まれます。南西部にある古河市の周辺では、宇都宮線を通じて埼玉や東京にアクセスしやすいこともあって、茨城県民として認識が弱くなる傾向があります。

北関東に属していても、東京に隣接しているため、東北地方と間違えられることに残念な気持ちになる県民も少なくありません。

茨城県で観測される天気は、概ねは太平洋側気候の影響を受けています。全体的には夏場には蒸し暑く、冬には乾燥した晴天が続くことになります。陸側では内陸性気候になることから、古河市の周辺では夏場の暑さが特に厳しくなります。

一方で、太平洋側の地域は海洋性気候の影響を強く受けます。オホーツク海高気圧から北東の冷たい風が吹くと、平野部を中心にして夏場の気温が極端に低下することもあります。

冬場の冷たい季節風は、名産の干し芋を作るために役立っています。北部の山間部も太平洋側気候ですが、茨城県内では最も標高が高い地域になるため、朝晩の冷え込みは相当に厳しくなります。また、南部の平野部では、冬場の晴天時には放射冷却の影響で、氷点下の冷え込みになることがあります。

ローソンの運転免許では、観光地を周る無料周遊バスを出す教習所や自然や温泉、伝統文化に触れられる茨城県内の合宿免許をご紹介しています。茨城県にお越しの際は合宿免許だけではなく、ぜひ観光地やグルメも楽しんでいってくださいね。

関東エリアの合宿免許を見る

ローソンの運転免許なら最低価格保証

お気に入りボックスに追加

教習プランをお気に入りボックスに登録できて予約もカンタン!検索結果や各教習所ページの『入校日カレンダー』から入校日を選んで登録してね! お気に入りボックスの使い方

普通車の教習所選び

その他・免許を取ろう!

ご利用ナビ!

運転免許取得後のお役立ち情報 ラクラク運転免許ローン