>  > 教習スケジュール〜免許交付まで

教習スケジュール〜免許交付まで

合宿免許中のスケジュール

効率よく組まれたカリキュラムで、最短での卒業を実現

通学とは異なり、合宿免許では、お客様一人ひとりの教習カリキュラムを事前に効率良く組んでいますので、普通AT車では最短14日〜、普通MT車では最短15日〜というスピード卒業が可能になっています。
下記のモデルスケジュールでご説明しますと、入校日には、入校式・入校説明会の後、適性検査、先行学科、技能教習が行われます。普通AT車では入校7日目に修了検定が行われ、合格すると仮免許が交付され、その後は路上教習が始まります。14日目には卒業検定が行われ、これに合格すると、教習所より卒業証明書が発行され、卒業〜解散となります。スケジュール及び最短卒業日は教習所により異なります。
また、教習所によっては、合宿期間中に半日〜1日の休日が設けられている場合もあり、観光も楽しみたいという方にはおススメです。詳しくはコールセンターにお問い合わせください。

【合宿免許モデルスケジュール】※教習所、所持免許、お客様個人によって異なります

普通AT車合宿免許モデルスケジュールモデルスケジュールアイコン説明

教習所を卒業した後は

【1】運転免許センター(運転免許試験場)を調べて、受験の準備をしましょう

合宿免許を卒業しても、運転免許証はまだ交付されません。卒業してから1年以内に、住民票のある都道府県指定の運転免許センター(運転免許試験場)で、適性検査と学科試験を受けることが必要です。 まずはご自身が受験する運転免許センターはどこなのか、各県警察のホームページに掲載されていますので、 受験できる曜日、時間、持ち物などをチェックしましょう。

【受験当日は下記のものは忘れずに!】

  1. 卒業証明書(卒業時教習所より発行)
  2. 仮免許証(仮免合格後教習所より発行)
  3. 申請書(免許センター窓口にて受取)
  4. 受験票(免許センター窓口にて受取)
  5. 証明写真2枚( 免許証所持の方は免許証)
  6. 申請手数料
  7. HB黒鉛筆
  8. 消しゴム
  9. 本籍地記載住民票の写し

●受験期間→卒業証明書の有効期間(技能試験が免除される期間)は、卒業検定に合格した日から1年以内です。

●持ち物は、各運転免許センターにて必ずご確認ください。

【2】運転免許センターで適性検査・学科試験を受験

適性検査

運転免許を持って自動車を運転するために必要な、視力や聴力などの身体の状態が一定水準に保たれているかどうかを確認するための試験です。
普通免許の適性検査合格基準は、

視力:両眼で0.7 以上、かつ一眼がそれぞれ0.3 以上(眼鏡・コンタクト使用可)。(他の車種はお問い合わせ下さい)

色彩識別能力:青・赤・黄の3色が識別できること。

聴力:日常の会話を聴取できること。

【学科試験】

普通免許学科試験は、○×式問題が95 問(文章問題90 問各1点、イラスト問題5 問各2 点、計95 問100 点満点)出題されます。回答時間は50 分、90 点以上が合格です。
合宿免許中には何度も模擬試験が受けられますので、しっかりと対策が出来ているはず!ですので、卒業後にあまり間をおかずに受験することをおススメ致します!

運転免許証が交付されます

試験後、合格発表が行われます。合格したら、即日交付の免許センターならその場で運転免許証を受け取ることができます。
さあ、これであなたもドライバーの仲間入り!教習所で学んだ安全運転や、譲り合いの心をいつまでも忘れずに、優良ドライバーとして、楽しく安全なカーライフを楽しみましょう!

お気に入りボックスに追加

教習プランをお気に入りボックスに登録できて予約もカンタン!検索結果や各教習所ページの『入校日カレンダー』から入校日を選んで登録してね! [お気に入りボックスの使い方]

安心価格保証

普通車の教習所選び!

その他・免許を取ろう!

ご利用ナビ!

運転免許取得後のお役立ち情報

ラクラク運転免許ローン